人類滅亡はまだっすか!?

滅亡大好きで、大爆発とジェノサイドに異常殺人も大好きな非モテが綴る絶望の誰得ブログ

<a href="http://ameblo.jp/endof/entry-10284013106.html">飢餓人口10億人、繁栄のすぐ隣にある大量死の危機</a>

世界では10億2000万人が飢えているという調査結果が報道されました。

これは、実に地球総人口の1/6に当たります。ものすごい数です。6人に1人は飢えている。

飢餓人口は、景気低迷と食品価格の高止まりが原因で昨年比1億人増えたと言うことです。

モノはあるのに買えない、という状況が生み出す新しい飢餓です。

我々日本人のまわりには安い食料が溢れていますが、それでも貧困層では餓死が報じられることもあります。

もし、世界的な気象の悪化があれば、いや、巨大ハリケーンや干ばつなど原産地を直撃する気象変動などがあれば、食料の高騰も考えられます。

理由は違いますが、小麦やモロコシがバイオエタノールにふりかえられた騒動の時も原料高騰を招きましたが、そんな理由からの飢餓も起こりうると言うことです。

そんな状況になれば、食料獲得を巡る戦争勃発も起こりうるでしょう。

石油利権目当てで戦争を仕掛けるどっかの国もありますが、食料は石油以上に大切です。喰わないと死んじゃいますからね。

日本でも過去の飢饉では、草も木も食い尽くし、最後には人を食ったといいます。

そんな地獄絵図が、すぐ隣にあるということが、今回の報道からひしひしと伝わってきます。

---------------------

飢餓人口、10億人突破へ=経済危機で事態悪化-FAO

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2009061901038

 【ジュネーブ19日時事】国連食糧農業機関(FAO)は19日、世界全体の飢餓人口が今年、過去最高の10億2000万人に達するとの予測を発表した。FAOはこの中で「最近の飢餓人口増加は、食料生産の減少ではなく世界経済危機が原因だ」と分析している。

 ディウフ事務局長は「世界的な景気低迷と多くの国での食品価格の高止まりによって、恒常的な飢餓と貧困に陥った人口が昨年比で約1億人増えた」と指摘。さらに「全人類の6分の1が影響を受ける静かな飢餓の危機は、世界の平和と安全に深刻なリスクをもたらす」とし、国際社会に具体的行動を早急に取るよう訴えた。(2009/06/19-23:31)